ゆったりゲーム三昧

趣味についてなんでも書くブログ。ゲーム三昧って書いてるけどゲームだけではなく、趣味のプログラミングについてもツラツラ書いている。

【windows10】それでもやっぱりアップデートがしたい。win7 32bitからwin10 64bitへ

以前windows10にアップデートしようと奮闘したところ、
アップデートどころかwindows7(64bit)がwindows7(32bit)になってしまうわ、
メモリは4GB破損するわ、HDDはフォーマットするハメになるわ、と散々であった。

yutagame.hateblo.jp

しかし、やっぱりwindows10にアップデートしたい...
また何度か試してみると今回はすんなりとアップデートできた。
もちろん64bitだ。

結果的に

アップデート以前の状態
windows7(32bit)

アップデート後の状態
windows10(64bit)

というアップデートを行ったので、その手順を記しておこうと思う。

用意するもの

4GB以上のUSBメモリ(もしくは、DVD)

注意

私の場合クリーンインストール(ようは以前のデータ全て消去して)行ったので、

データを引き継ぎたい場合
外付けHDDにバックアップを取っておいてクリーンインストールを行うか、
通常のインストールを行う(こちらでできるかは不明)でやるしかありません。

方法

まずは、windows10(32bit)へアップデートを行ってください。

ここでエラーがでてアップデートできないことが有ります。
そうなったら、OSが入っていないドライブを全て外してみてください。
以前アップデートしたときもそうでしたが、
外付けHDDやSSD、DVDプレイヤ、USBメモリ等をつけたままアップデートすると必ずエラーが生じました。
外したのにさらにエラーが生じる場合、周辺機器(スピーカーやマウス、キーボード)も外して試してみてください。
入力機器外したら操作でけへんやんけって人は、マウスだけつけておいてインストール開始時に外すなど試してみてください。

...
アップデートできましたか?

では次に、windows10のディスクイメージを作成します。
USBメモリで作成する方法とDVDに作成する方法があるのですが、
USBメモリのほうが簡単ですので、今回はこちらで行います。

windows10 ISO ダウンロードページからISOファイルをダウンロードし、
ダウンロードしたファイルをUSBメモリに入れます。
(念のためUSBメモリは空っぽにしておいたほうがよいです。)

windows10 ISOダウンロードページはこちら。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

自分が作業を行った際はmacからダウンロードしたため、画像ようなページで直接ISOファイルをダウンロードできます。
ファイルをダウンロードできたら、USBメモリに入れましょう。
f:id:game_kratos:20151118045507p:plain

しかし、windowsでアクセスした場合「今すぐアップデート」か「ツールを今すぐダウンロード」しかありません。
この場合は「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードし、実行してください。
ランチャーが立ち上がったら「他のPC用にインストールメディアを作る」にチェックをいれて、「次へ」

言語、エディション、アーキテクチャを選択できるので
順に、日本語、Windows10、64ビット(x64)を選択して「次へ」

「USBフラッシュドライブ」にチェックを入れ「次へ」

あ、書き忘れていました。
USBメモリを差し込んでおいてください。
差し込んだら、「ドライブの一覧を更新する」を押すと出てくると思います。

USBメモリを選択して、ダウンロードを始めてください。

ここまでできたら、まずはUSBメモリのプロパティを参照するなどして
USBメモリの名前を確認しておきましょう。

確認できたらUSBメモリを挿したまま、パソコンを再起動します。
起動したら、windowsロゴがでるか、商品ロゴがでたあたりでF12(パソコンによって違いあり、ほとんどF12)を押して、ブートメニューを起動しましょう。f:id:game_kratos:20151118052032j:plain
うちのパソコンではこういう画面が起動します。(画像は拾い物)

ここで、先ほどのUSBメモリを選択して起動してください。
あとはセットアッププログラムが手引きしてアップデートしてくれるはずです。

途中プロダクトキーを入力してくださいと出てきますが、後でかスキップで大丈夫です。
アップデート終了後にプロダクトキーは認証されています。
(ただしwindows7の時点でプロダクトキーが認証されている場合のみ)



さて最後に簡単に手順をまとめると、

windows10(32bit)へアップデートする。
USBメモリを用いてメディアディスクを作成する。
ブートメニューからUSBメモリで起動する。
手順に従いwindows10(64bit)へアップデートする。